〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
コルヒチンの効果・効用とは!?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

コルヒチンというのは痛風の薬ですが、
痛風発作に「しか」効かない薬です。

 

つまり、痛風の薬なのにも関わらず、
尿酸値を下げる効果とか、痛みを抑える鎮痛効果のようなものは、
何もない、という稀有な薬剤です。

 

じゃあ、何に効果があるの?
コルヒチンの効用って何?

痛風 足

 

 

コルヒチンというのは、痛風発作が起こりそうな直前に飲むと、
嘘のように、あの激烈な痛風発作を起こさずに封じ込めてしまう、
そんな薬です。
「痛風発作をなかったことにする」そんな薬。

 

痛風発作というのは、発作のたびに
その程度というか、衝撃というか、患部の悪化など、
微妙に違っているのですが、それでもね。
痛風発作というのは、やっぱり、痛いものです。
それも、かなりの激痛

 

その痛風発作を未然に・・というか、
炎症が起こりかけているにも関わらず、
発症させずに沈静化させてしまう薬、それがコルヒチンです。

 

 

痛風発作で苦しんでいる全国のみなさん!
そんなウマイ話があったのか!?

 

 

・・・・と思うかもしれませんが、現実は
そんな甘いもんじゃないです。

 

つまり、コルヒチンには副作用があるってこと。

 

有名なのは、下痢です。
胃腸障害ね。

 

だから、胃を守る意味でも食後の服用が必須です。

 

処方箋にも、

 

「毎食後1回1錠 1日3回まで」とか、記載されているでしょ?

 

 

 

コルヒチンを処方してくれない

 

 

 

ところがねえ・・・
痛風発作ってのは、いつ出るか わからないので、
ある日、突然・・とか、それどころか、夜中とか、未明に突然
発症したりするんです。

 

ってことは、食後のタイミングなんか、待っていられないってこと。

 

さらにね。
「コルヒチンは効かない」ことがあるのです。

 

コルヒチンを飲んだのに、痛風発作が出てしまうってこと。

 

 

どういうことか、というと・・
「コルヒチンは飲むタイミングが大切」なんです。

 

“コルヒチンの効果をあげるためには、飲むタイミングが全て”
ってこと。

 

コルヒチンは「痛風発作が出る直前に飲まなきゃならない」
ということです。

 

完全に痛風発作が起こってしまい、足などが腫れて激痛が
起こってしまうと、そこからコルヒチンを飲んでも
全く効果がない、という不思議な薬なんです。

 

痛風発作の直前には、患部に違和感を感じたり、
なんとなく、ウズウズというか、ズキズキしたりすることがあるのですが、
そこなんです!

 

いま、そのタイミングなんです!
今こそ、コルヒチンを飲むときなんです!
このタイミングを逃したら、もう効果はないんです!

 

 

ところがね。
そのことがわかっていても。
コルヒチンは飲むタイミングが遅れたら効果がない、って話。

 

だからといって、痛風発作は
うまく、食後のタイミングで発症するとは限らないのです。

 

つまり・・
痛くなりそうな感じだったら、慌ててコルヒチンを飲むのが、
唯一、痛風発作を防ぐ方法なのに、仮に、そのとき、
空腹だったら、どうします?

 

もし、夜中に痛風発作が起こったら。
普通、寝ているわけですから、胃の中は空っぽでしょ。

 

そこへコルヒチンを飲んでしまうと どうなるのか。

 

胃がムカムカしたり、吐き気がしたり、下痢をしたりするかもしれません。
(個人差があります。なんともない人もいるでしょう)

 

 

慌てて食事しますか?

 

そんなことをしているうちに、あっという間に
痛風発作が発症してしまい、痛みも腫れも酷くなってしまいそう。

 

食事をしている時間は、ない・・ということ。
そんなことをしていたら、コルヒチンのタイミングが
間に合わなくなります。

 

 

じゃあ、どうする?

 

 

お勧めは、ヨーグルトや牛乳を事前に飲んでから、
コルヒチンを飲む、という方法。

 

つまり、ヨーグルトも牛乳もたんぱく質が豊富なので、
胃に膜を張ってくれるので、胃腸障害を
ある程度は守ってくれるのですよ。

 

余裕があれば、チーズとかを食べるのもいいかもしれませんが、
おそらく、食べている時間も気持ちの余裕もないでしょう。

 

自宅の冷蔵庫にヨーグルトや牛乳がなければ話になりませんが、
いきなりコルヒチンを飲むよりは、ずっと良いです。

 

それから、コルヒチンを水なしで飲み下すのはダメです。
食道の粘膜を傷つける可能性がありますから。

 

ついでにいうと、コルヒチンを飲むときに、
整腸剤も一緒に飲むと、胃腸障害などの副作用は
防げることが多いようです。

 

試してみるのも悪くないと思います。
って、痛風発作が起こらなければ一番良いのですが。




▼↓↓ コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg