〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風発作とコルヒチン
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

コルヒチンというのは、痛風の薬です。

 

痛風の薬といっても、いろいろあって、
コルヒチンには、尿酸値を下げる作用とか、
痛みを緩和する働きはありません。

 

じゃあ、何?

痛風 コルヒチン

 

 

コルヒチンはね。
痛風発作が起こりそうな直前に飲むと、
痛風発作を起こさせずに封じ込めてしまう作用がある薬なのですよ。

 

 

痛風発作を起こさせない!?

 

 

長年、痛風発作の激痛で苦しんでいる者からすれば、
今にも起こりそうな痛風発作を未然に防いでくれる、
神の薬のようにも思えてしまいます。

 

私も長年、痛風発作が起こりそうになるたびに、
さんざん、このコルヒチンを飲んできましたが・・・

 

時代の流れなのか、だんだんと事情は変わってきているようです。

 

 

事情?

 

 

つまり、痛風だから、と病院に行っても
コルヒチンを処方してもらえない病院もあったりね。
「コルヒチンは時代遅れの薬だ」なんていう人もいたりして。

 

時代遅れなのか どうかは わかりませんが、
たしかに、コルヒチンを処方しなくなるケースが増えているようです。

 

 

なんでか。

 

 

一つはね。
コルヒチンを飲むことは、あまり意味がないんです。

 

あの痛い痛風発作を未然に防いでくれる薬が、
なんで無意味なの!?

 

 

たしかに、本来なら、痛風発作が起こるはずのところが、
このコルヒチンの服用で、痛風発作が苦しまずに済む場合が多いです。

 

(コルヒチンは飲むタイミングが遅れてしまうと、何の効果もありません。
痛風発作が発症する直前、あるいは直後ならば効果絶大のコルヒチンですが、
痛風発作が完全に起こってしまったら、もう、いくらコルヒチンを
飲んでも何の効果もありません。コルヒチンは飲むタイミングが全てです)

 

 

でね。
痛風発作を起こさずに済んだ、ああ、良かった。

 

 

でも、本当にこれで良かったのでしょうか。

 

確かに痛みや腫れがないのは、ありがたいですが、
体の中には「依然として、尿酸結晶は残ったまま」なんです。

 

つまり、結晶化した尿酸が関節などに蓄積したまま、
ということは、いずれ、これらの尿酸結晶は、遠かれ早かれ
必ず、また、痛風発作を起こす、ということ。

 

要するにコルヒチンは嫌なこと(痛風発作)を先送りしているだけ、
なんですね。

 

コルヒチンを飲んだところで、根本的なことは
何一つ解決していませんので、そういう意味では、
一時しのぎ、その場しのぎであって、無意味である、とも言えます。

 

やはり、痛風の薬物療法の基本は「尿酸値を下げること」ですからね。
コルヒチンでは尿酸値は下がりませんから。

 

尿酸値を下げるならば、フェブリクやザイロリックなどの
尿酸値を下げる薬を服用しないと。

 

 

 

それと、もう一つ。
コルヒチンというのは、かなりキツイ薬なんです。
つまり、副作用の心配がある、ということ。

 

一番有名な副作用は、胃腸障害です。
むかむかする、とか。
吐き気がある、とか。

 

最も よくある副作用は「下痢」でしょうね。

 

 

昔は、コルヒチンの飲み方は、

 

「1回1錠 2時間おきに。1日6錠まで。下痢が出たら止める」

 

でしたが、今では、そんな指導をする病院は少ないでしょう。

 

近年のコルヒチンが処方されると、飲み方としては

 

「1回1錠 朝昼夕 毎食後。1日3錠まで」

 

・・・となっていました。

 

飲む量の指定が「半分」に減っていますね。
体への負担を考えてのことでしょうか。

 

 

これも、2〜3年前の話ですので、
最近では、コルヒチンの処方そのものをしない病院がある、
ということなので、コルヒチンの入手は困難になってきています。

 

コルヒチンは、薬局などで市販されていない薬ですからね。

 

 

 

コルヒチン 痛風

 

 

 

いや、どうしてもコルヒチンが必要なんだ、
痛風発作が出てしまうと、どうしても困るんだ、という人は、
コルヒチンを処方してくれる病院を何軒か(何院か)
回ってみれば、まだ、コルヒチンを処方してくださる医師も
おられるでしょう(たぶん)。

 

 

そんなに病院巡りしている暇なんか、ないよ!?

 

という人は、海外の薬剤メーカーが製造したコルヒチンを
個人輸入で入手することも できます。

 

ただし、コルヒチンに限らず、
薬を個人輸入するならば、自分用に使う場合のみ、限定です。
認められているのは、その場合だけです。
(違法な禁止薬物は、絶対ダメ)

 

個人輸入した薬を転売したり、他人に譲渡したりすると、
薬事法に違反することになるので、転売は厳禁。

 

 

それから、実際に個人輸入するとなると、
語学とか、税関とかの手続きが大変なので、通常は
個人輸入代行業者から購入するのが、一般的です。

 

 

 

▼↓↓コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg