コルヒチンとは、痛風の薬です。

 

ですが、痛風の薬といっても、
コルヒチンは尿酸値を下げる薬ではありません。

 

じゃあ、どんな効果が?

コルヒチンは、痛風発作の予兆が起こりそうなとき、
直前に飲むと、出るはずだった痛風発作を抑え込む働きがあるのです。

 

痛くて苦しくて、のたうちまわるハズだった痛風発作が。

 

今回は、コルヒチンのおかげで、ぎりぎりセーフ、と。

 

 

ところが、このコルヒチン。
いつ飲んでも効果があるのかというと、そうでもなく、
タイミングが大切なんです。
飲むタイミングのことです。

 

つまり、痛風の前兆というか、痛風の予兆というものがあるのです。
それは自分にしかわからない、微妙な感覚なのですが、
痛風発作が起こる、起こりそうな直前に、足の関節などが、
なんとなく痛い、あるいは痒い、どことなく違和感を感じる・・
そういうときがあるのです。

 

それが、痛風発作が起こる前触れでもあるのです。

 

その前触れ、痛風の予兆のときに、コルヒチンを、
そのタイミングで飲めば、効果テキメン・・の場合が多いです。

 

でも、いったん、痛風発作が起こってしまうと、
いくらコルヒチンを飲んでも、どんどん飲んでも
(たくさん飲んではダメです)
効果は全くといっていいほど、ありません。

 

 

痛風かな、違うかな、なんか足がおかしいな・・
その感じ、そのタイミングのときに飲むと、
コルヒチンの特徴というか、効果というか、最大限に発揮されます。
(症状などによって、個人差があります)

 

ちなみに、コルヒチンの飲み方は、
1回1錠。朝昼晩。1日3錠まで、とされています。

 

 

もちろん、病院でも処方してもらえますが、
足が痛くなってきてからでは、病院まで辿りつけませんから。

 

っていうか、歩けないってことは、
痛風発作が発症しているわけですから、
その状態でコルヒチンを飲んでも効きやしません。
もう手遅れって感じで。

 

普段はいらない薬ではありますが、痛風が出てからでは
間に合わない、というのも事実。

 

もし、痛くなくて飲まなくても、手元に置いておくと、
安心かもしれませんね。




▼↓↓ コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg