コルヒチンは尿酸値を下げる薬でもないですし、
消炎鎮痛剤でもないので、常用したりする薬ではありません。

 

むしろ、多く飲んでも効果はないばかりか、
必要のない薬を飲むことは副作用のリスクを増やすことになります。

 

コルヒチンは、必要なとき「だけ」飲むべきだと思います。

 

 

必要なとき?

必要なときというのは、もちろん、痛風発作が出るか出ないか・・
という瀬戸際のときです。

 

発症するか、しないか、なんてのは自分にしか、わかりませんからね。

 

他人から強制されたりして飲む薬ではありません。

 

 

痛風発作が出そうなとき・・飲めば、痛風発作を鎮める、というか、
出ないようにする効果が見込めます。

 

絶対に・・というわけではありませんが、
経験上、まあまあ封じ込め効果があったと思いますよ。

 

 

ただね。
まあまあ、というのが気になりますが、
痛風発作が起こるのは、体内に尿酸結晶が蓄積しているのが原因なので。

 

痛風発作が起こる前にコルヒチンを飲んで、
痛風発作が起こらずに、ああ良かった・・と、そのときは
思うのですが、依然として、体内に結晶化した尿酸が
たくさんあることには変わりありません。

 

つまり、いずれ、また、痛風発作が起こる可能性が高い、
ということ。

 

でも、まあ・・とりあえず、今回は凌げればね。

 

次に痛風が起こってしまったら、また、
そのときは、そのときのことで。

 

 

・・って、痛風発作が通り過ぎたら、
すっかり、そんなこと、忘れてしまうのですけどね。




▼↓↓ コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg