コルヒチンを飲むタイミングさえ間違わなければ、
コルヒチンは痛風発作を起こさずに封じ込める作用があります。

 

つまり、痛風発作が起こりかけ寸前のときにコルヒチンを飲めば、
痛風発作を起こさずに済む・・ってこと?

ところが、痛風発作が起こりかけの予兆というか、前兆があるときには、
まだ、自分の足(足以外の場合もありますが)に感じる違和感が、
本当に痛風なのかどうか、それとも、知らないうちに捻挫でも
してしまったのか、自分自身が懐疑的なのです。

 

これはね。
やっぱり、これから痛風発作が始まる・・なんて、
誰だって思いたくはないですから。

 

何かの間違いだろう、思い込みたいですから。

 

ですから、そうこうしているうちに、モタモタして迷っているうちに、
痛風発作の激痛が始まるのです。

 

患部は赤黒く腫れあがり、ずきずきと少しずつ痛みは強くなってきて、
やがて、筆舌に尽くしがたい激痛が待っています。

 

こうなると、ね。
もう、コルヒチンを飲んだって、効果はないです。
いくらコルヒチンでも、もう痛風発作を抑え込むことはできません。

 

 

 

このように、コルヒチンは痛風発作が今にも起こりそう・・
というタイミングのときに飲むことができれば、
痛風発作を封じ込める可能性が高いです。

 

個々の症状には個人差がありますので、コルヒチンさえ飲んでいれば
絶対に痛風発作が起こらないわけじゃありませんが、
手遅れにさえならなければ、痛風発作を未然に防ぐ効果が期待できます。

 

 

コルヒチンを飲むタイミングとか、
病院では教えてくれませんからね。

 

そもそも、病院へ行くこと自体、足が痛くなってから、
つまり、痛風発作が発症してから病院で診察を受けるわけですから、
もう、手遅れなわけです。

 

それでも、なぜかコルヒチンを処方してくださいますが、
効果なんか、ないですよ。
だって、手遅れなんですから。

 

 

つまりね。
コルヒチンを効果的に飲むためには、
まだ痛風発作が出ていないときから、
手元に常備しておかなければならない、ということ。

 

足がウズウズ・・というか、痛痒いというか、
微妙に患部に変な感じがし始めたときこそ、
コルヒチンを飲むタイミングなのに、その時刻は
病院が閉まっているときが多いです。

 

つまり、夜、夕食後、もしくは、未明にかけて、
痛風発作が多い時刻なのですよ。

 

そんな時間、閉院していますからね。

 

痛風発作で救急車を呼ぶわけにも行かないので
(もっと生きるの死ぬの、瀬戸際の人が利用すべきだと思うので)
やはり、自力で何らかの対処をするしかありません。

 

 

本当は、コルヒチンはその場しのぎの対策であって、
本来は、尿酸値を下げて、尿酸が結晶化しないように
対策を立てるのが、本当の意味での痛風対策、尿酸値対策、
痛風対処法です。

 

 

 

でも、明日から大事な出張があるとか。
明日、大切な商談があるとか。

 

ここ一番、痛風発作が出ちゃいけない、ってときがあると思うのです。

 

そんなときに限ってね。
痛風発作が出るのですよ。

 

つまり、痛風発作は強いストレスでも誘発されることがあるのです。

 

 

コルヒチンは決して常用するような薬ではありませんが、
万が一のときのために、いつでも飲めるよう、
常備しておくのも、一つの方法ではあります。




▼↓↓ コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg