痛風発作は足に出る場合が多く、足に出る・・ということは、
困ったことに歩けないのですよ。

 

これが困る。
非常に困るのです。

さらに、やっかいなことに、痛風発作というのは、
いつ出るのか、わからない。
突然、発症したりするのです。

 

これが、ね。
やっかいなのですよ。

 

 

通常、痛風発作が多いのは、夜です。
それも夕食後。

 

それから、夜半から未明。

 

つまり、自宅にいる頃ですね。
(夜勤の人もおられますが)

 

 

この時刻は病院も閉まっているので、
じわりじわりと痛くなっていく自分の足を
見つめながら、どうしようか、などと思ってしまいます。

 

しかも、あれこれ考えているうちに、迷っているうちに、
慌てているうちに、刻一刻と足の症状は酷くなっていくのです。

 

腫れあがり、そして、なんとなく痛い → かなり痛い → 激痛に!

 

 

そんなときにね。
コルヒチンを常備しておくといいです。

 

コルヒチンは痛風の薬といっても、尿酸値を下げる効果などは
何もありませんが、痛風発作が起こりかけたタイミングで
飲むと、痛風発作を起こさせずに沈静化させる効果が
期待できます。

 

いいタイミングで飲むと、より効果は大きいですが、
飲み遅れると、効果は限りなくゼロに近づきます。

 

変わった薬ですね。

 

 

でも、外出先とか、旅先とか。

 

カバンに1錠でも2錠でも忍ばせておくと、
本当に助かることもあるのですよ。

 

 

外出先で歩けなくなってしまったら、
どうしようもないですからね。
泣きっ面に蜂です。
本当に心細くなります。

 

 

いつ、起こるかもしれない痛風発作ですが、
備えあれば憂い無しです。

 

まあ、もちろん、一番大切なのは、普段の生活に
気をつけて、尿酸値を下げることが重要なわけですが、
非常用としてね。

 

コルヒチンを常備しておくのも悪くないです・・っていうか、
安心しますから。




▼↓↓ コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg