〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
コルヒチン 入手
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

最近、コルヒチンに関する記事を書いたので、ふと 気になって、
いったい、自分の手持ちのコルヒチンは何錠あるのか。

 

自室の机の引き出しを開けて、ストックしてあるコルヒチンを
数えてみました。

 

 

 

あれれ?

 

これだけしか、ないの!?

 

 

コルヒチン 通販

 

 

以前は、痛風なので痛風発作のたびに病院に行くと、
黙っていても処方してくれていたコルヒチン。

 

ところが、前の病院の院長先生が引退してしまったので、
仕方なく病院を変えたら、今度の病院はコルヒチンを処方してくれない。

 

なんで処方してくれないのか、というと、
これも時代の流れのようで。
「コルヒチンは時代遅れだ」なんと言う人もいるらしいですし。

 

 

 

 

痛風 コルヒチン 飲み方

 

 

 

 

と・・・いうことなら、もしかして、
自室の机の引き出しから出てきた未使用のコルヒチンが
もう、最後のコルヒチン?

 

もっとたくさんストックしてある、と思っていたのに、
今まで、どれだけ痛風発作の回数を繰り返してきたのか、
と思うと、痛いたびに飲んでしまっていて、
自分でも気がつかないうちに、こんなに減っていたのか・・・

 

 

う〜ん・・・そうなのか。

 

こんなことになるのなら、
もっと病院でたくさん貰っておけば良かった。

 

 

「コルヒチン」は飲まなくても、万が一、
痛風発作が起こったときの、精神的な保険の役割をしてくれる、というか
手元にあるだけで安心感がありましたから。

 

もし、痛風が出そうになったら、
コルヒチンを飲めば、痛風が出ないで済む、と。

 

 

 

でも、これからはね。
痛風の人にとっては、コルヒチンが入手困難の時代が来るかもしれませんよ。

 

病院によっては、もう コルヒチンの処方をしてくれないところも
あるかもしれません。
もちろん、コルヒチンを処方してくれる病院も
まだまだ たくさんあるでしょうけど。
だんだん、処方してくれる病院は 減少傾向にあるような気もします。

 

 

「コルヒチンを出してください!」
「出せませんね」
「じゃあ、どうしろ、と言うんですか!?」
「痛くても死にませんから、痛風くらい我慢しなさい」

 

・・・って、こんな感じで病院との やり取りになるの?

 

 

 

まあ・・・どうなんでしょ。
う〜ん・・・
痛風の人は、コルヒチン無しで痛風発作を乗り切る術(すべ)を
見つけていくしか ないかも。

 

 

コルヒチンなし って・・
具体的に、どうするの?

 

 

痛風発作が出そうになったら「出っぱなし」ということ。
痛風が出るのを止める手段は、もう「ない」ということ。

 

あとは、痛み止めの薬(ロキソニンとかボルタレンとか)で
痛みを緩和しつつ、激痛に泣きそうになりながら耐えるしか、
ないのかも。

 

痛風発作が出そうになったとき、
痛風を出さずに封じ込めてしまうことが可能な唯一の薬が
「コルヒチン」だった、ということ。

 

どこの病院へ行ってもコルヒチンを処方してくれた時代は
もう終わりに近づいている、ということです。

 

 

 

▼↓コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg