〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 コルヒチン 時期
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

基本的に「コルヒチン」というのは、
「痛風発作が起こりそうな直前に飲むと、
痛風発作を起こさせない(封じ込める)作用がある」薬なので、
いったん、痛風発作が起こってしまった後に服用しても、
全く効果はありません。

 

 

ですので。

痛風発作が起こって→激痛化して→次第に激痛が終息→
治りかけに、もっと早く治そう、と思ってコルヒチンを飲む→
→→無意味

と、なります。

 

 

まあ、無意味と言い切ってしまうと、身も蓋もないですが、
期待した効果は望めない、ということ。

 

コルヒチンを試してみるなら、
痛風の「治りかけ」の時期ではなくて、
今にも痛風発作が起こりそうな「直前」に飲むことを
推奨したいです。

 

こるひちん

 

 

同様に。
コルヒチンは痛み止めの薬(消炎鎮痛薬)ではないので、
痛風発作の真っ最中に飲んでも、やっぱり、効果は期待できません。

 

むしろ、痛み止めとして服用するならば、
ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めの薬を飲むほうが妥当です。

 

 

じゃあ、この、コルヒチン。

 

飲むのが早ければ早いほど良いのか。

 

 

・・・・・・・と、言っても、ねえ。

 

痛風発作が出てもいないのに、足が痛いわけでもないのに、
薬を飲みたくはないですし・・・。

 

 

難しいところです。

 

飲むタイミングが遅れてしまったら効果が見込めないのが、コルヒチン。
でも、飲むのが早すぎて、痛風かどうかもわからないうちから、
飲みたくないのがコルヒチン。

 

 

じゃあ、どうすりゃいいのか。

 

 

一番ベストなのは、いわゆる「痛風の予兆」のときです。

 

この「痛風の予兆」というのは、「痛風の前兆」とも呼ばれていて、
痛風発作が起こりそうな直前に、痛風発作がこれから起こる場所に
違和感を感じることがあるのですよ。

 

たいていは、足先なのですが、
たとえば「左足の親指の付け根の関節」に、これから痛風発作が起こるとしたら、
その「左足の親指の付け根の関節」がウズウズしたり、妙な感じ、
気持ち悪い感じ、しくしく・・というか、なにか関節の中に「虫」でも
入り込んでいるような奇妙な感覚が起こるのです。

 

それは自分にしかわからない感覚、痛風の人にしか
わからない違和感なんです。

 

 

なんだろう、この妙な、足の感覚はナンなんだろう・・・とか
考えているうちに、刻一刻とドンドン足が腫れ上がってきたり、
赤みを帯びて赤黒く足が変色してきたりするので、
そのタイミングで「コルヒチンを飲む」わけです。

 

 

ところが、誰しも、これから痛風が起こる、なんて考えたくない。
いや、きっと捻挫だろう。
知らないうちに、きっと足を挫いたんだよ、そうに決まっている。

 

 

・・・・な〜んて、考えているうちに、
本格的な痛風発作がやってくるのです。

 

これは間違いない。
間違いなく、痛風発作だ、と自分が確信できる頃には、
たいてい手遅れになっている場合が多いです。

 

 

で・・
慌ててコルヒチンを飲むわけですが、
だいたいね。
もう、間に合わないです。

 

 

 

 

何回か、失敗して、覚える。
何度も失敗して、コルヒチンを飲むタイミングを覚える。

 

・・・・そんな感じです。

 

 

 

 

コルヒチン購入 市販

 

 

 

 

もっとも、手元にコルヒチンの買い置きがないことには、
どうしようもないわけですが。

 

いつ、起こるかわからないのが痛風発作ですしね。

 

 

 

 

 

▼↓コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg