〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ザイロリックは もっと安く買えてもいいと思う
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

ザイロリックというのは、痛風の薬の中で
もっとも有名なもの のうちの一つです。

 

いわゆる、尿酸降下薬、つまり
尿酸値を下げる薬のことですね。

ザイロリック ネット販売

 

 

ところがね。
「痛風の薬=ザイロリック」という感じの時代もあったのですが、
数年前にフェブリク錠という、痛風新薬が発売されて。

 

尿酸値が高い人(高尿酸血症、もしくは痛風の人)が、
これから尿酸降下薬を飲むならば、フェブリクを。
・・と、いう流れになりつつあるようです。

 

ですが、今までザイロリックを飲み続けていて、
尿酸値を下げる効果に一定の成果が出ていて、なおかつ、
体調も まずまず悪くないのなら、ザイロリックを止める理由も
ないでしょう。

 

 

ただね。
ザイロリックは、薬価が
もっと安くなってもいいと思うのです。

 

薬に限らず、新商品が出たら旧商品は価格が下がるもの、
と相場が決まっています。

 

ザイロリックを旧商品と呼ぶのが妥当かどうかは わかりませんが
(たぶん、ちょっと意味が違う)、
それでも痛風新薬(フェブリクのこと)が出た時点で、
従来から発売されている薬は、もっと値下げしても
良さそうなものじゃないですか。

 

 

その割にね・・
そんなに安くないような気がするのですよ、ザイロリックの薬価は。

 

 

それに対して、
ネット販売でザイロリックを購入すると、
かなり格安で入手できます。

 

いわゆる、通販ですね。

 

 

ザイロリックは病院で医師の処方箋が必要な薬なので、
一般の薬局では市販されていません。

 

ですので、ザイロリックを通販で購入するのには、
海外のザイロリックを個人輸入代行業者から買う、
ということになります。

 

ザイロリックのジェネリックを購入するに当たって、
まとめ買い割引があったり、購入するときに
ポイントを獲得できたり、かなり安く買えます。

 

種類として、
「ザイロリック ジェネリック100mg」
「ザイロリック ジェネリック300mg」の2種類があるのですが、
「ザイロリック ジェネリック300mg」の方は容量が多いですが
価格的には、割安になっています。

 

 

「ザイロリック ジェネリック300mg」?

 

300mgは、ちょっと多いなあ。

 

 

そう思う人は、ピルカッターで切ると
飲みやすいし、容量も小さくなるので、良いかな、と思います。

 

「ザイロリック ジェネリック100mg」を半分に切ると、
「ザイロリック ジェネリック50mg」が二つできますし。

 

「ザイロリック ジェネリック300mg」を半分に切ると、
「ザイロリック ジェネリック150mg」が二つできますし、
さらに四分割すると、
「ザイロリック ジェネリック60mg」が四つできます。

 

 

 

 

ザイロリックを安く購入する

 

 

 

ザイロリック ジェネリック

 

 

ただ、ザイロリックを通販で購入することが
誰しも推奨されるかというと、まあ・・人それぞれですね。

 

最大のネックは、もう、病院に行かなくなること。

 

いえ、行けばいいのですが・・
病院で薬をもらわなくなると(貰うのではなく、本当は買うのですが)
これが、行きにくい。

 

なんで、薬は要らないのか、とか言われたら、なんて言おうか。

 

ついつい、病院への足が遠のいてしまいそう。

 

 

ザイロリックの飲み始めの頃なら、ともかく、
もう何年もザイロリックを飲み続けていて、いつ
病院へ行っても、なんということもなく、
「調子は どうですか」とか「何か変わったこと ないですか」とか、
毎回、同じことばかり言われて、
ああ、たまには違うことも言ってくれよ、と。
もう、病院へ行くのも面倒くさい、と。

 

それでもね。
面倒でも、おっくうでも、通院していると、
ときどき、尿酸値検査をしてもらえますからね。

 

前回からの尿酸値の比較、上がっているのか、下がっているのか、
現状維持なのか。
(ザイロリックを飲み続けていれば、たいてい現状維持ですが)

 

 

それが、病院に行かなくなると、血液検査をする機会が
遠のくわけで。

 

 

まあ、尿酸値検査だけするために病院へ行っても いいですけどね。

 

それに、自宅で できる血液検査キットとかも ありますし。
方法は、ないわけでもないです。

 

 

▼↓自宅でできる血液検査キット

プロアクト健康ウェブ通販

わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら

自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!

《充実の検査キットシリーズ》

【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能など。

《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら



 

 

 

というわけで。
ザイロリックを価格面だけ見て、格安・激安で
入手するなら、ザイロリックのジェネリックを
ネット通販で まとめ買いすると、かなり安く購入できます。

 

病院では、まとめ買い割引なんか してくれませんし、
ポイントも つきませんからね (当たり前ですが)。

 

 

いったん、ネット販売でザイロリックのジェネリックを
購入したら、薬価が違いすぎて、もう
病院で薬をもらう、元の習慣に戻れないかもしれません。

 

 

忙しい中、時間をやり繰りして病院に行かなくてもいいし、
人によっては仕事を休んでまで通院していた人もいるでしょう。

 

通販でザイロリックのジェネリックを入手するなら、
自宅にいながらにして購入できますし、
送ってきてくれるし、大変便利です。

 

 

人によって、価値観は それぞれですが、
同時に病院への足も遠のいてしまう可能性もあるので、
一長一短だ、ということです。

 

 

 

 

▼↓ザイロリックジェネリック100mg(Allopurinol)

 

 

▼↓ザイロリックジェネリック300mg(Urikoliz)