〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ザイロリックからフェブリクに切り替える?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

ザイロリックを続けて飲む、といっても、
一度に何錠も続けざまに飲む・・・という意味ではなくて。

 

 

あ。
「ザイロリック」というのは、
アロプリノール系の「尿酸生成抑制薬」のことです。

 

え?
わかりにくい?

 

ひらたく言えば、尿酸値を下げる薬のこと。
痛風の薬です。

 

 

この「ザイロリック」というのは、
昔から痛風の人の尿酸値改善の治療薬として、
広く使用されてきました。

 

私の父親も、この「ザイロリック」を服用していたようです。
(痛風だったので)

 

 

「痛風の薬=ザイロリック」という図式ができあがるくらい、
痛風の薬としてはメジャーな存在でした。

 

尿酸降下薬としては、当時は
日本で一番飲まれていた薬じゃないか、と。
(知らんけど。たぶん、そう。それくらい有名という意味で)

 

 

ところがね。
最近では、主役交代というか、
フェブリク(フェブキソスタット)が主流になりつつあるようです。

 

フェブリク錠ってのは、新薬です。
痛風の薬ってのは、ながらく新薬が発売されなかったようで、
なんと、このフェブリクが40年ぶりなんですよ。

 

40年間も何をしていたの!?
(研究開発していたんですよ)

 

 

で・・
40年ぶりに・・・満を持して
登場しただけあって、このフェブリクは
痛風の薬(尿酸値を下げる薬)としては、なかなかの
スグレモノらしくて、売り文句は、これです↓
「尿酸値を下げる効果は大きく、副作用は少なめ」

 

 

う〜ん・・・これじゃあ、
世の中の痛風の薬は、ザイロリックからフェブリクに
とってかわられてしまいますね。

 

 

ところがね。
この、新薬であるフェブリクにも欠点があるのです。

 

 

欠点?

 

ザイロリック ジェネリック

 

 

欠点・・・というわけじゃないんですけど、高いのですよ。
薬価の話。

 

新薬ですからね。
発売当初から、安売りする必要はない、ということで。
長い年月、研究開発費が かさんでいますからね。
回収しなきゃ。

 

薬剤開発側にとっては当然のことですが、
購入者側には、知ったこっちゃない、というと語弊がありますが、
それはそれとして、毎日飲む薬だからこそ、
薬代は お安く上げたいものです。

 

日々のお薬代は、微々たるものでも、
塵も積もれば・・なんとやら。

 

1年、3年、5年・・と長期スパンで考えると、
「うわあ〜〜ッ!! 
 こ、こんなに薬代を払っていたのか!」
と。

 

この薬代が、もし、半額くらいで済んでいたなら、
浮いたお金でガス代払ったり、通信費払ったり、昼飯代にしたり・・
ああ、あんなこともできたのに。
こんなものも買えたのに。

 

 

・・・・と、いつの間にか、
なんとか、薬代を節約できないのか、という変な方向に
話が流れてしまいましたが、そんなことを書こう
と思ったのではなく(たぶん)、
ザイロリックを飲み続けている人が、これからも
飲み続けたらいいのか、フェブリクに切り替えるべきなのか、
という話なんです。

 

 

ザイロリック 通販

 

 

 

「ザイロリックからフェブリクに切り替えるべきか」

 

・・・・っていうか、そういうことは主治医が判断すべきことですね。

 

いつも通院している病院の先生が、
長年、ザイロリックを飲み続けている当人に
「う〜ん・・そろそろ、フェブリクに切り替えましょうか」
という話が出れば、そうすればいいんじゃないでしょうか。

 

自分から話を切り出して、
「今、飲んでいるザイロリックからフェブリクに
乗り換えたいんですけど」
・・・と言っても「じゃあ、そうしましょうか」と
なるとは思いますが。

 

でも、長年、飲み慣れた薬をかえる、というのは、ねえ。
勇気がいる、というのは、ちょっと違うけど、
愛着がある、というのとも違うんだけど、まあ、
なんて言うんでしょ。

 

今までザイロリックを飲んでいて、
尿酸値も低い水準を保てていて、それでいて体調も良く、
これといった副作用もあまりなくて、
不満もなく、うまくいっている・・・というならば、
別にフェブリクに変更する必要もないんじゃないか、と
思ったりもします。

 

安いですしね、ザイロリックは。
フェブリクと薬価を比べての話ですけど。

 

 

ただ、ザイロリックにも欠点(フェブリクに比べて)があって、
フェブリクが1日1回1錠で良いのに対して、
ザイロリックは2〜3錠飲まなきゃならなかったりして
面倒くさいかも(慣れれば、どうってことないですが)。

 

それと、フェブリクが多経路排泄、つまり、
腎臓だけでなく肝臓からも代謝できるのに対して、
ザイロリックは、腎排泄のみ。

 

ええと、要するにザイロリックは腎臓に負担がかかりやすいので、
腎臓が悪くなってしまった人には、ちょっと厳しいのです。

 

でも、そういうことは、
血液検査の結果の推移(前回、前々回と比べて数値がどうなのか。
上がっているのか、下がっているのか)などによって
わかることなので、これは病院に任せておいて大丈夫。

 

結局、「ザイロリックからフェブリクに切り替えるべきか」
ってのは、主治医が決めることなので、
言われるとおりにしておけば間違いないんじゃないか、と。

 

ある程度は、こっちの意見も聞いてくれるかもしれませんけどね。

 

「い〜〜や! 
 ぜったいに、ザイロリックじゃなきゃ駄目なんですっ!
 私はフェブリクなんか飲みませんッ!」

 

・・・・とかね。

 

 

しかしながら、その理由を訊かれたとき、
薬代が高くつくから、と言ってみても、病院では
薬代を値引きしたり、安くしてくれたりしませんが。

 

 

 

 

▼↓ザイロリックジェネリック100mg(Allopurinol)

 

 

▼↓ザイロリックジェネリック300mg(Urikoliz)