〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
コーヒーは痛風に良くないの?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

「痛風にコーヒーはダメ?」→いえ、むしろ“改善する”という考えが有力です。

 

 

コーヒーって、なんとなく見るからに体に悪そうじゃないですか。
色とか。
特にブラックコーヒーはね。

 

さらに、コーヒーと言えば、カフェイン。

 

このカフェインが体に良くないとか、あれこれ言われていますが。

 

 

コーヒーはね。
『痛風に良い、痛風改善に効果がある』と考えられているのですよ。

 

その要因は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸
このクロロゲン酸ってのは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があるのです。

 

抗酸化・・ですから、体が酸化するのを抵抗してくれるのです。

 

痛風の人は、ただでさえ、酸化しやすい体質ですからね。
抗酸化作用によって、血管の老化を防いでくれたり
若さを保つと考えられています。

 

 

この、コーヒーの痛風への効果の件ですが、実際に
研究チームを作って検証した研究グループがいて(外国ですが)、
コーヒーは尿酸値を下げる効果がある、と発表しているのです。

 

ただし・・・オチ(?)みたいなものもあって、
「1日6杯以上のコーヒーを飲む場合」となっています。

 

1日6杯ですか!?

 

 

飲めませんよ、なかなか、6杯も。
5杯じゃ駄目なんですか!?

 

 

この、6杯というのは、量的な目安であって、
つまり、少量じゃ、クロロゲン酸の摂取が不足するであろう、
ということのようです。

 

 

尿酸値を下げたいがために、
毎日、6杯以上のコーヒーを飲もうとする人は、少ないかもしれませんが、
それでもね。
コーヒーが尿酸値を押し上げる性質の飲料じゃない、
ということがわかっただけでも良し、ということでしょうか。

 

 

それに、コーヒーを常飲している人は、
1日の3〜5杯飲んでいるだけで、全く飲まない人よりも
生活習慣病になるリスクが低い、という報告もありますしね。

 

って、まあ、痛風も生活習慣病なんですが。

 

 

ただ・・
コーヒーが痛風改善に効果・・とか言っても、
砂糖とか入れては駄目です。
ブラックじゃなきゃね。

 

いえ、ブラックじゃなくてもいいのですが、
砂糖がね。
っていうか、糖分が痛風に良くないわけで。

 

 

砂糖でも果糖でも糖類は、体内で分解されるときに
プリン体が生成されるので、尿酸値が上がりやすいです。

 

もしかしたら、砂糖入りの甘いコーヒーを飲んだところで、
コーヒーに含まれているクロロゲン酸と相殺されて、
そんなに尿酸値は上がらないかもしれませんが、
尿酸値を下げようと思ってコーヒーを飲んでいるなら
非効率的ですしね。

 

やっばり、コーヒーはブラックで勝負するのがいいかな、と。

 

 

 

 

=======================
タバコで痛風を改善するって!?
=======================

 

 

 

あと、喫茶店とかでコーヒーを飲むとき、
タバコを一緒に吸う人がいるでしょう。

 

たばこは体に悪い、というのが通説(そして、たぶん、真実)
ですが。

 

 

「コーヒー+たばこ」は、もしかしたら、
痛風の人にとって最強のアイテムかもしれません。

 

 

どういうことなの?

 

 

コーヒー → クロロゲン酸の抗酸化作用で尿酸値を下げる
たばこ → 有害物質が栄養分の吸収を阻害するので、栄養過多にならない

 

 

タバコは、明らかに体に悪くて、たばこをやめた途端、
ご飯がおいしくなって太った、とか、よく言うでしょう?

 

つまり、それだけ、たばこが体に悪いってこと。
栄養分の吸収も妨げているってこと。

 

 

痛風の場合は、逆に栄養分の過剰摂取が宜しくないわけで。

 

もともと、痛風になるような人は、胃腸が丈夫で
優秀な性能の消化器官を持ち合わせている人が多いようです。

 

これって利点のはずなのに、痛風の場合は裏目に出ています。
吸収力が強すぎて、食べたモノがみんな栄養分になってしまう、とかね。

 

人間をヒトとして考えると、
この「吸収力が良いこと」は長寿の秘訣なのに、
痛風を悪化させる(尿酸値を高くする)ことに繋がっている皮肉。

 

 

だから、痛風なら「食べ過ぎに注意」、特に
「プリン体の多い食品の摂りすぎに注意しましょう」となるのです。

 

 

けどね。
現代は飽食の時代ですから、戦後のドタバタの時期と違って、
おいしいものが山ほどありますから。
今の時代、「食べない」ほうが難しいのです。

 

 

 

ところが、胃腸の丈夫な痛風体質(痛風になりやすい体質の人)でも、
タバコを吸うならば、吸収が阻害されて、
栄養過多になりにくい(個人差はありますが)。

 

 

これが尿酸値を上げる上げないの面では、いい後押しになっています。

 

 

ですので、痛風の人の場合、
「コーヒー+たばこ」が最強・・と思ったのですが、
コーヒーをあまりにも飲みすぎると胃を荒らしそうですし、
たばこをプカプカ吸いすぎると、(将来は)他の病気が心配になってきそうで。

 

 

まあ、やっぱり、タバコはやめたほうがいいかな。
コーヒーも、ほどほどにして、
おいしくいただくほうがいいかな、と思います。