〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
女性でも痛風になる!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

日本では、痛風に罹病している人の
99パーセントは男性だ、と言われています。

 

ところが。
近年では、だんだん事情が変わっていて、
若い女性でも尿酸値が高い人が増えています。
昔は、女性の痛風は閉経後の高齢の女性が多かったのですが。

 

これはエストロゲンという女性ホルモンが減少するためです。
エストロゲンは尿酸値が上がるのを抑制する効果があるため。

 

若い女性でも尿酸値が高い人は、強いストレスなどで
ホルモンバランスが崩れているケースが考えられています。

 

これも時代の流れなんですかね。
昔は(今も?)痛風は男が罹病するもの、と相場が決まっていたのですが。

 

 

コーヒー 通風

 

 

 

この女性の痛風についてですが、
「“コーヒーと痛風と女性”の相関性」について研究した人がいて。

 

外国(ボストン大学&ハーバード・メディカルスクール)ですが、
なんと・・・9万人という人数の、
「女性の看護師の食習慣と健康状態の関係」を調査したのだそうです。

 

その追跡期間が、なんと、26年間!

 

9万人を26年間!

 

よくもまあ、こんな長期間の調査を。
しかも、これだけの大人数を。

 

 

で、その26年間の結果は、どうだったのか。

 

結果は、やはり、
「珈琲を毎日のように飲む人のほうが、
 全然、コーヒーを飲まない人よりも、痛風発症リスクは低い」
のだそうです。

 

つまり、コーヒーを日常的に飲む人の方が、
痛風になりにくい、という結果だったわけです。

 

 

ただ、その・・なんていうか、あくまで
コーヒーは嗜好品ですから。

 

痛風治療の薬ではないわけ、です。
わかっていることですけど。

 

だから、
珈琲を飲んでいるから、生活習慣の改善なんかしなくても良い、とか。
コーヒーを飲んでいるから、痛風の薬なんか飲まなくても良い、とか。

 

そういうわけじゃありませんけどね。

 

ただ、飲まないよりは、珈琲を飲む人の方が、
痛風が発症するリスクを低く抑えることができる、というだけのこと。

 

 

まあ、それでも珈琲好きの人なら、
好きなコーヒーを飲んでいるだけで、
痛風予防にもなるし、おいしいし・・一石二鳥かも。

 

 

ただし、
コーヒーで痛風改善を期待できるのは、
砂糖などが入っていないヤツね。

 

ブラックとか、そういうのね。

 

砂糖などの糖分が体内に入ると分解されるときに
尿酸が生成されますし、また、肥満になると
内臓脂肪が尿酸値を上げるホルモンのような物質を
分泌してしまいます。

 

・・・って、女性の場合は
体質的に「内臓脂肪があまり つかない」ので
大丈夫かもね。

 

 

男性 → 内臓脂肪
女性 → 皮下脂肪

 

・・の傾向があります。

 

皮下脂肪なんて言われると、女性の人は
嫌な気持ちになるかもしれませんが、
本当は違うのですよ。

 

男性は皮下脂肪があまりつかない代わりに、
内臓の脂肪がつきやすく、内臓の機能が低下したり、
病気になりやすいんですよ。

 

女性は、脂肪は皮下脂肪に蓄えられやすいので、
逆に、内臓脂肪はつきにくい。
だから、ある意味、皮下脂肪のおかけで
内臓は守られている、と言えなくもないです。

 

男性が早死に傾向があるのに、女性は
長寿の傾向があるのは、少なからず関係あるとか、ないとか。

 

 

 

って、そんなことより、コーヒーの話でした。

 

コーヒーは痛風改善に効果がある、と考えられいますが、
微量ではあまり効果が期待できず、さらに
砂糖などの甘いコーヒーでは相殺されて、効果薄。

 

 

また、牛乳にも尿酸排泄促進効果がある、
と考えられているので、お勧めは
「“甘くない”珈琲牛乳」というところでしょうか。

 

 

あまり、おいしくなさそうですけどね。

 

 

 

 

痛風 コーヒー牛乳