〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
花粉症 対策
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

毎年、春になると花粉症に苦しむ人も大勢おられます。
いろいろな花粉が飛ぶ季節ですからね。

 

一昔前は、それほど花粉症で苦しむ人も
多くなかったような気がしますが、今は、もう・・
右を見ても左を見ても花粉症。
みんなマスクをして歩いています。
もう、まさに国民病ですね。

 

花粉症 花粉

 

 

さて、花粉症の対策ですが、
まずは、お手軽なものを。

 

東洋医学では、内臓と体の表面は密接な関係がある、
と考えられてます。

 

内臓の不調があると、体の表面にあるツボ(経穴)が
痛かったり硬かったりするのは、体のツボが
内臓の反射鏡だから。

 

 

で。
「胃」 →「鼻」
「肝臓」→「目」
と関係がある、と東洋医学では考えられています。

 

 

つまり、胃が不調だと鼻の調子も悪くなる、ということ。
肝臓が不調だと目までも調子が悪くなってしまう、ということ。

 

ってことは、逆に。

 

胃の調子が改善すれば、鼻の調子も良くなる。
肝臓の調子が良くなれば、目の不調も改善される、ということ。

 

ちなみに、この場合、目の不調というのは、
なんだか、目がコロコロする、とか。
目に違和感がある、とか。

 

鼻の不調というのは、鼻詰まりとか。
鼻水がずるずる出る、とか。

 

 

ついでに言うと、
鼻水が出るというのは、東洋医学では、
体内の余分な水分を排出するため、と考えられています。

 

つまり、水の飲みすぎ、水分の摂り過ぎ、ってこと。

 

そんな言うほど、水なんか飲んでないぞ、と思うかもしれませんが、
食事にも水分は含有されていますからね。
知らないうちに、充分すぎるほど水分摂取しているのかも。

 

でね。
ただ、鼻水は水分を排出するだけじゃないんです。
そのとき、鼻水と一緒に、体の中の“良くないもの”も
一緒に排出してくれるのですよ。

 

ほら、風邪引いたとき、膿みたいな、濃い嫌な色の鼻水が
出たりするでしょ。
鼻水と一緒に、菌とか、不要なものを排泄しているのですよ。

 

 

花粉症 花粉

 

 

それから、春先というのは、季節の変わり目で、
体の変調が置きやすい季節なんです。

 

皮膚や筋肉にも変調を起こしやすいので、腰痛が起こったりね。

 

特に、春先は「肝臓」が不調になりやすい季節です。

 

やたら、イライラしたり、怒りっぽくなってきたりしていませんか。
目がコロコロしたり、肩こりが酷くなったりしていませんか。

 

これは、みんな肝臓の不調から出る症状です。
自分でも気がつかないうちに、肝臓に負担がかかっているのかも
しれませんよ。

 

 

花粉症 マスク

 

 

で、そんなことより、花粉症の話。

 

とりあえず、応急処置的な感じではありますが、
「整腸剤」を飲む、ということ。

 

 

整腸剤?

 

 

整腸剤は、花粉症の薬などではありませんが、
胃の調子を整えることによって、鼻の症状が緩和します。

 

 

「整腸剤なんかで苦しい花粉症が治るかよ!?」

 

と思うかもしれませんが、確かに整腸剤は花粉症の薬では
ありませんが、でも、症状は緩和します。
花粉症で苦しんでいるなら、試してみてください。
少しでも緩和するなら、やってみる価値はあると思いますよ。

 

 

 

でも、やっぱり
花粉症対策は、花粉症の薬でなきゃ・・という人は、
花粉症の薬をじっくり比較してみるのも、いいかも。

 

 

 

▼↓↓花粉症の薬を徹底比較