〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 田七人参
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

「田七人参」ってのは、サプリメントです。

 

「でんしちにんじん」と読みます。
「たななにんじん」じゃありません。

 

 

なんで、こんな・・言いにくい、というか、妙な名前なのか、というと、
日本古来のものではなくて、
中国で古くから、生薬・漢方薬として使用されてきた植物だから。

 

まあ、朝鮮人参とか、高麗人参みたいもの、です。

 

中国では、
“お金にも換えがたい高貴な秘薬”という意味で「金不換」
などと呼ばれていたそうですが、まあ・・
今ほど医学の進歩していない時代の話ですけどね。

 

それでも、貴重で効果の大きい生薬、という立ち位置だったのでしょう。

 

 

 

で。
この「田七人参」は痛風に効果があるのか。
「田七人参」を飲めば尿酸値が下がるのか。

 

 

通風 田七人参

 

 

 

で、実際に試してみました。
といっても、2瓶くらいですけど。

 

「田七人参」が2瓶、空になるまで続けて飲んでみた結果、
尿酸値が下がったのか、というと・・・・・・

 

 

 

 

 

う〜〜〜ん・・・・

 

 

 

微妙です。

 

っていうか、あくまで私の場合ですけど、
あまり下がらなかったような気がします。

 

下がった、といえば、下がったような・・・
う〜ん・・やっぱり、これでは、この程度では下がった気が・・・。

 

 

「田七人参」のサプリはね。
高いのですよ。
平気で、1瓶「1万円」なんてザラです。

 

私は予算がなかったので、一番安価なクラスのものにしました。
やっぱり、安物では、ダメってこと?

 

高価な「田七人参」と、お手ごろ価格の「田七人参」ではね。
やはり、含有成分が違うのですよ。

 

 

 

「田七人参」は“サポニン”

 

このサポニンという成分が、さまざまな良い効果がある、と
考えられていて。

 

血流改善作用、免疫力の強化、肝機能を良くするとか、
活性酸素を除去するとか、中性脂肪を減らすとか、血圧を調整するとか、
・・・・う〜ん、いいことばかり強調されていますが。

 

痛風に効果があるとか、ないとか言われているのは、
田七人参に含まれているサポニンに、関節炎の炎症を抑える、
著しい効果があった、という発表があったからですが、
よくよく聞いてみれば、それって「ラットでの実験結果」じゃないですか。

 

人間には、どうなの。
人間には。

 

体の大きさが全然違うでしょうが。
人間とラットでは。

 

痛風の人に、痛風発作に効果はあるの?
飲んだら尿酸値は下がるの?

 

 

一時期、毎日、かかさず田七人参を飲んでいた時期もあったのですが、
結局、やめちゃいました。

 

もっと1万円クラスの、高価な田七人参を飲んでいたなら、
サポニンなどの成分の含有量も違ったでしょうし、
違う結果になったのかも。

 

仮に痛風には効果が期待できなくても、
中国の秘薬とまで言われた生薬なので、それなりに
健康増進には効果を発揮してくれたんでしょうけど。

 

 

 

それにしても・・・

 

 

田七人参は、高いなあ。