〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 こぶ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風の人ができる「こぶ」というのは、痛風結節のことです。

 

これが一見、瘤(コブ)のように見える。

 

その実態は、というか、中身は「尿酸結晶」がぎっしり詰まっています。
笑えません。

 

これは手首に出る、と決まっているわけでなく、
体のあちこち、いたるところに出来ます。
足首や手首、耳たぶなんかは、痛風結節が出来やすい箇所です。

 

 

で・・・
なんで、痛風結節(こぶ)なんかが出来るのか。
この痛風結節を放置しておくと、どうなるのか。

» 記事の続きを読む