痛風の発作は、激痛と一言で表現してもいいです。

痛風の発作は深夜から早朝にかけて、すなわち
多くの人が眠っている時間帯に起きることが多いです。
熟睡している人が飛び起きるほどの激痛を伴うといわれています。

 

我慢できない痛みで、身動きが取れずベッドの中でうずくまって
朝を迎えたという人もいるくらいです。
なぜこのような痛風が起きてしまうかというと、
それには尿酸が関係しているのです。

 

尿酸とは、プリン体を分解するときに生じる老廃物の一種です。
通常 尿酸は尿として排出されるので、一定の量に保たれています。

 

しかし、生活習慣の乱れや過剰に蓄積されたストレスの影響で、
尿酸が過剰に作られると尿酸の排泄がスムーズにいかなくなって、
尿酸が たまってしまいます。

 

そうすると血液の中に尿酸が溶けきらなくなってしまって、
尿酸が結晶になってしまいます。

 

この結晶になった尿酸は、関節に沈着します。
この結晶を白血球はウィルスや最近のような異物とみなして攻撃を仕掛けます。

 

この時に炎症を引き起こして、先ほど紹介した激痛をもたらすと考えられています。
血液検査の中に尿酸値の項目があるはずです。

 

健康診断を受けたときに尿酸値がどの程度になっているか確認することです。
もし7.0r/dl以上になっているのであれば、高尿酸血症といっていいでしょう。
高尿酸血症になっている人は、いつ先ほど見た痛風発作が起こったとしても
おかしくはない状況だと認識してください。高
尿酸血症の人は、尿酸値をいかに下げるかを考えるべきです。

 

尿酸値を下げるには、尿酸を尿として体外に排出することです。

 

ただし痛風患者の尿を見てみると、強酸性尿になっている傾向が見られます。
強い酸性の尿だと、尿酸がなかなか溶けてくれないので尿が
たくさん出ていても多くの尿酸は排出できていないことが多いのです。

 

そこで強酸性尿の人は、酸性の度合いを薄めることが求められます。
そのために効果の期待できるのが、クエン酸です。
クエン酸塩を体内に入れて分解すると、血液がアルカリ性になっていきます。

 

続いて、体の向上性を保つ機能が作動して、尿がアルカリ性に変わっていくのです。
尿酸は酸の一種ですから、アルカリ性には溶けやすい性質を持っています。

 

このため、クエン酸を摂取してアルカリ性の尿に変えることで、
尿酸の排泄を促せるのです。
その結果、尿酸値も順調に下がって、痛風のリスクを低減できるわけです。

 

疲れがたまっていて、何もやる気が起きない、体がだるくて
体を動かすのもしんどいという経験はありませんか?

 

なぜこのような疲れを感じるかというと、体内に疲労物質がたまっているからです。
疲労物質を主に構成しているのは乳酸です。
乳酸が蓄積された状態だと、尿酸の排出にも実は悪影響をもたらします。
乳酸が過剰に溜まっていると、尿酸が尿に溶けださないような作用を及ぼす
といわれています。

 

このため、尿は出ていても
思っているように尿酸値が下がらないということも起こりうるわけです。
そこで もし最近疲れを感じる、きちんと昨夜寝たつもりでも
体に前日の疲れの残ることが多いという人は、クエン酸を摂取することです。

 

クエン酸には、乳酸の消去を高める効果があるというデータも出ています。
乳酸を除去できれば、尿酸が尿に溶けだすのを邪魔する力も薄まるので
順調に尿酸値を低くすることに一定の効果が期待できます。

 

クエン酸は梅干しや柑橘系の果物、お酢のような酸味の強い食べ物に
多く含まれているといわれています。

 

しかし そう毎日酸っぱい料理を続けて食べるのは難しいでしょう。
そこでクエン酸の配合されているサプリメントも最近では、
ドラッグストアなどで販売されています。
こちらを摂取して、クエン酸を毎日摂取してみませんか?

 

 

▼↓↓徳用クエン酸DX粒で毎日の健康維持を徳用クエン酸DX (420粒)/あす楽対応/ギフト対応/ユウキ製薬...