生活習慣病という言葉が注目されていますが、その中の一つに痛風があります。

痛風は足の親指の付け根に発症することの多い発作です。
とにかく強い痛みが、ある日突然襲ってくるのが特徴です。

 

特に明け方に発症する人が多く、眠っていても
痛みで飛び起きてしまう人もいるくらい、
強烈な痛みが襲ってくるといわれています。

 

なぜ痛風発作が起きるかというと、尿酸が過剰に体内に溜まってしまうからです。
通常尿酸は一定量に保たれているのですが、生活習慣の乱れなどで
尿酸の産生が進んでしまうと、排出が追い付かなくなってしまうことがあります。

 

その結果、尿酸がどんどん溜まってしまうのです。
通常であれば尿酸は血液に溶けて流れているのですが、
尿酸が増えると溶けきらなくなって結晶になってしまいます。

 

この結晶化した尿酸が関節に沈着すると、白血球が異物とみなして攻撃を始めます。
この時関節に炎症を引き起こすので、激しい痛みが襲ってくるわけです。

 

では、どの程度尿酸がたまってくると痛風の危険信号になるのでしょうか?

 

健康診断を定期的に受けている人の中には、
血液検査を受診したことのある人もいるでしょう。
血液検査の結果には、いろいろな項目が書かれています。

 

その中でも尿酸値という項目がありますので、そこに注目してください。
もし尿酸値が7.0r/dl以上になっているのであれば、
高尿酸血症という病気にかかっています。

 

この高尿酸血症になると、
いつ痛風発作を起こしてもおかしくない状況だと思ってください。
自覚症状がなかったとしても、痛風予備軍なのです。

 

では高尿酸血症にかかっている人は、どのように対策すればいいのでしょうか?

 

簡単にいってしまえば、痛風発作を起こさないようにするためには
尿酸値を下げる以外に方法はありません。
尿酸は尿として排泄されますので、どんどん尿を排泄して尿酸値を下げるのが
基本的な対策法になります。

 

しかし尿がどんどん出ていても、尿酸は
ほとんど排出されていないという人もいます。
どのような人かというと、強酸性尿といって酸性度の高い尿を排泄している人です。

 

強酸性尿の場合、尿は出ていても尿の中に尿酸がなかなか含まれません。
このため、思っているほど尿酸値は下がってくれないのです。
強酸性尿になっている人は、酸性の度合いを抑制する必要があります。
そこで重要な成分として、クエン酸があります。

 

クエン「酸」というので、酸性の成分の一種です。
しかし体内に入ると分化される過程の中でアルカリ性に変化します。

 

もう少し詳しくみると、クエン酸塩が分解されると、
血液がアルカリ性になるわけです。
つまりクエン酸を摂取することで、強酸性の尿と中和作用を引き起こし、
弱酸性からアルカリ性に尿を変化させてくれます。

 

弱酸性やアルカリ性の尿になれば、尿酸もスムーズに尿に溶けだしてくれるので、
尿を出せば出すほど尿酸の排出もできるわけです。
すなわち、尿酸値もより効率的に下げられる可能性があります。

 

痛風患者には、尿酸値を下げるための薬として
ウラリットというものが処方されます。
このウラリットですが、クエン酸塩が主成分の薬です。

 

つまりクエン酸が尿酸値を下げる効果のあることは、
医学的にも証明されていることなのです。
クエン酸は、レモンなどの柑橘系の果物や梅干、黒酢といった
いわゆる酸っぱい食べ物に多く含まれています。

 

しかし酸っぱい食べ物を毎日食べ続けるのは厳しいでしょうし、
そもそも酸っぱい食べ物が苦手という人もいるはずです。

 

そのような人はドラッグストアなどに行くと、
クエン酸の配合されているサプリメントが販売されているので
こちらを摂取してみてください。

 

水があれば手軽に摂取できますし、酸味も最小限に抑えられているので、
酸っぱい食べ物が苦手な人でも毎日摂取できます。

 

 

▼↓↓徳用クエン酸DX粒で毎日の健康維持を徳用クエン酸DX (420粒)/あす楽対応/ギフト対応/ユウキ製薬...