痛風の痛みは「発作」と呼ばれるほど急激かつ激烈なものです。
以前に起こったことのある人は、
足がムズムズ・ピリピリするなどの前兆を感じることもあるでしょうが、
多くは突然起こります。

 

その痛みは靴どころか靴下も履けない、歩くなんてとんでもない、
というほどの激痛で。

通常、何もしなくても3日ほどで治まると言われていますが、
それほどの痛みに耐え続けるわけにもいきませんよね。
そこで病院に駆け込んだところ、痛風の診断を下された・・・
という人が大多数なのです。

 

痛風の原因は血液中の尿酸の量が増えすぎることです。
通常尿中に排泄される尿酸が過剰になると、
処理しきれずに体内に溜まっていくことになります。

 

この尿酸が結晶化し、関節に貯留されることで痛風の、あの痛みが起こるのです。
男性の場合、尿酸値は加齢によって高くなりやすいと言われています。

 

もともと正常値の上限が6.5mg/dl、
高尿酸血症と診断される値が7.0mg/dl以上と、
その幅が非常に狭いのです。

 

つまり誰にでも起こり得るということ。
生活習慣病の一つとされていますが、最近では
食事や生活スタイルの変化によるものか、30代にも
見られるようになってきています。

 

痛風と診断されても、急性期(発作が起こっている間)は、
すでに高尿酸血症の薬を飲んでいる人は別として、
投薬による治療を行わないのが普通です。

 

というのも、急性期に尿酸を下げる薬を投与すると、
かえって症状が悪化する可能性が高いからです。

 

発作が治まるまでの間は痛みどめでしのぎ、
寛解期(症状が落ち着いている状態)に入ってから
本格的な治療を開始することになります。

 

主に使われるのは尿酸の排泄を促す薬、そして尿酸の生成を抑える薬です。
このため尿中の尿酸の濃度が高くなり、
結晶化して尿管結石を誘発することがあります。

 

これを防ぐために使われるのがクエン酸製剤。
クエン酸とナトリウムを合わせたもので、尿をアルカリ化してくれます。
尿を中和して、PHのバランスを取ってくれると言えばわかりやすいでしょうか。

 

余分な尿酸を排出し、なおかつ結石のリスクを減らし、
尿酸の生成そのものを抑える・・・
これで痛風治療はバッチリ!という気がしますよね。

 

しかし、痛風とその前段階である高尿酸血症は生活習慣病です。
日頃の生活そのものを改善しなければ再発・慢性化の恐れがあります。
治療と合わせてぜひ見直してみてください。

 

「薬を飲み続けていれば良い」という安易な考えは禁物です。
自分の体の健康を維持するためにも、痛風をきっかけとして
少しずつでも改めるようにしましょう。

 

 

今や医療は治療から予防の時代へと移りつつあります。
何らかの症状があれば生活習慣を見直すようにしましょう。




▼↓↓クエン酸カリウム1080mg(カリウム10meq)100錠 1箱