痛風は、中高年の男性で発症することの多い病気です。

とにかく足などの関節に激痛をもたらすのが、大きな特徴とされていて、
身動きが取れなくなるほどの激しい痛みが襲ってきます。

 

痛風にならないようにするためには、尿酸値を高めないようにすることです。
血液検査の中で尿酸値の項目があるはずです。
この尿酸値が7r/dl以上の状態になっている人は、注意が必要です。

 

尿酸が過剰に溜まると、結晶化してしまいます。
この結晶化した尿酸が関節に溜まることによって炎症を引き起こし、
先に紹介した激痛をもたらすわけです。
つまり痛風予防や対策をするためには、
いかにして尿酸値を少なくするかにかかっています。

 

この尿酸は老廃物の一種で、通常は尿や便に混ざって排出されます。
ということは痛風対策をするためには、
いかにして尿酸を効率的に排出できるかがポイントになります。

 

そこで注目されているのが、クエン酸です。
クエン酸の配合されたサプリメントやスポーツドリンクが、
いろいろと販売されています。

 

このクエン酸は、いろいろな側面で尿酸の体外への排出に貢献しています。
まず、尿酸は尿のペーハーによって排出効率が大きく左右されます。
酸性尿の状態であればあるほど、尿酸が尿の中に溶けてくれないので
うまく尿酸を排出できなくなります。ク

 

エン酸には、尿を酸性から弱酸性、アルカリ性に持っていく効果があります。
このため、尿酸がより溶けだしやすい尿に変化させられるので、
効率的に尿酸を排出できるようになるわけです。

 

そしてもう一つ、乳酸の分解を促進する効能も痛風予防には効果があります。
乳酸とは運動をすると体内に溜まって来る疲労物質のことで、
運動を長時間行うと疲れがどんどん溜まっていくのは、
乳酸が体内に溜まっているからです。

 

この乳酸には、尿酸の排泄を抑止する効果があります。
クエン酸には乳酸を分解する効果があるので、
尿酸の排泄を妨げる働きを抑制できるのです。
このため、尿酸の排出ペースを高めて尿酸値を低くし、
痛風発作のリスクを軽減できるわけです。

 

実際痛風患者に処方される治療薬の中には、
クエン酸ナトリウムやクエン酸カリウムの含まれている薬もあります。
クエン酸のサプリメントやスポーツドリンクは、
このような薬と比較すると大きな効果はないかもしれません。

 

しかし毎日摂取をしていれば、痛風改善や予防に一定の効果は十分期待できます。
よりしっかりとした痛風対策をするのであれば、
クエン酸サプリメントの飲み方を工夫することです。

 

サプリメントなので、薬のように絶対このように服用しないといけない
といったルールはありません。

 

しかしできることであれば、1度に大量摂取するのではなく、
1日数回に分けて摂取するように心がけてください。

 

また摂取量に関しては、別に上限などの厳しい決まりはありません。
レモンや梅干など、普段私たちが食している食べ物の中に含まれているものなので、
副作用の心配をする必要もありません。

 

しかし各メーカーのサプリとも、
目安になる摂取量がラベルなどに書かれているはずです。
この量を参考にして摂取することです。

 

また、クエン酸サプリの飲み方で重要なのは、
単体ではなく他のサプリと併用することです。
クエン酸にはクエン酸回路といって、エネルギーを算出するためのサイクルがあります。
このクエン酸回路が効率よく力を発揮するためには、
ビタミンやミネラルのあった方がいいのです。

 

そこでクエン酸を摂取するときには、ビタミンやミネラルと併用すると、
より高い効果が発揮されます。
ドラッグストアなどを見てみると、マルチビタミンやマルチミネラルといった、
一つで数種類の成分の配合されているサプリメントが販売されています。
こちらと併用して、クエン酸の効果を高めてください。

 

 

▼↓↓徳用クエン酸DX粒で毎日の健康維持を徳用クエン酸DX (420粒)/あす楽対応/ギフト対応/ユウキ製薬...