クエン酸には、痛風を予防する効果が期待できるとして注目されています。

もともと痛風発作がなぜ起きるかというと、
尿酸値が高くなってしまうことが原因です。
そこで痛風対策をするためには、尿酸値を下げる必要があります。
過剰に体内に溜まった尿酸を排出するためには、
尿もしくは便で尿酸を出す必要があります。

 

この尿から尿酸をスムーズに排出する過程で、クエン酸は活躍するのです。
痛風患者の尿を見てみると、強酸性の尿になる傾向が見られます。
強い酸性の尿だと、尿酸がなかなか尿の中に含まれません。

 

そこで、弱酸性からアルカリ性の尿に変える必要があります。
クエン酸には、強酸性から弱酸性に中和作用の働きがあります。
このため尿の中に尿酸が含まれやすくなって、
尿酸の排出効率を高められるわけです。

 

また、尿酸を尿として排出するのを妨げる成分として、乳酸があります。
クエン酸にはこの乳酸を分解する働きもあるので、
乳酸による尿酸排出の阻害効果も抑制できます。
実際、尿酸値を降下させる治療薬の中には、
クエン酸の配合されているものもあるほどです。

 

ところで、クエン酸の配合されているサプリメントや健康飲料は
いろいろとあります。
このクエン酸の摂取量は、1日どのくらいを目安にするといいのでしょうか?

 

摂取量の目安は、1日2gといわれています。
しかし疲労がたまっている人や普段スポーツをする習慣のある人は、
1日5gぐらい摂取した方がいいケースもあります。
クエン酸にはお酢や柑橘系の果物にも含まれていますが、
毎日お酢や果物を食べ続けるのは難しいという人もいるはずです。
そのような人には、お手軽に摂取できるサプリメントや健康飲料はお勧めです。

 

クエン酸を摂取するときには、以下の3つのポイントを押さえるようにしてください。
そうすれば、より効率的に摂取できます。

 

まず1度に大量に摂取するのではなく、数回に分けて摂取することです。
いくら一度に大量摂取したところで、時間が経過すると排出されてしまいます。
有効活用するためには、こまめに摂取することが求められます。
2つ目のポイントは、ビタミンB群のサプリメントと一緒に摂取することです。
ビタミンB群とセットで摂取すると、よりクエン酸の働きを高める効果が期待できます。

 

最後のポイントは、スポーツをする習慣のある人が対象です。
スポーツをした直後に、クエン酸を糖分と一緒に摂取するのがポイントです。
スポーツをすると体力が消耗するので、
エネルギー補給として糖分を含むジュースや果物とクエン酸をセットで摂取すると、
体力回復がより早くなります。

 

クエン酸の摂取量の目安は、1日2g、スポーツをする人は5gと紹介しました。
しかしもともとクエン酸は医薬品ではないので、これ以上摂取してしまったとしても、
深刻な健康被害の出る可能性は低いと考えられています。

 

かんきつ系の果物やお酢に含まれていることからも、
安全性の高さがお分かりになるはずです。

 

実際これまでのところ、クエン酸によって副作用や健康被害が生じた
という事例は報告されていません。

 

しかし、やはりサプリメントのラベルなどに書かれている
1日の目安摂取量を守って、摂取することが大事です。
決してたくさん摂取したからといって、
大きな効果や即効性が期待できる成分でもありません。

 

むしろ1回大量摂取するのではなく、
毎日続けて摂取することの方が大事であると思うべきです。
クエン酸のサプリメントは無味無臭に加工されているので、
酸っぱい食べ物が苦手という人でも摂取できるようになっています。
しかしそれでも気になるというのであれば、
砂糖やはちみつなどに混ぜて飲むなど、酸っぱさが気にならないような工夫をして
摂取するように心がけてください。

 

 

▼↓↓徳用クエン酸DX粒で毎日の健康維持を徳用クエン酸DX (420粒)/あす楽対応/ギフト対応/ユウキ製薬...