痛風という病気は、
風にあたっただけでも痛いという所から名付けられた病気です。

このような、もののたとえから正式な病名になるパターンはユニークです。
しかし実際に発作が起きると、本当にその通りに激痛を感じます。

 

ある日突然足の親指の付け根を中心として、激しい痛みが襲ってきます。
体験談などをもとにすると、締め付けられるような痛みだといいます。

 

そして身動きが取れない、
足を一切動かせなくなるような症状に見舞われるといいます。
そして足を見てみると、痛んでいる個所が赤く腫れあがるのが代表的な症状です。
通常そのままにしていると、3日くらいこの発作が続きます。
しかし10日程度我慢していると、何事もなかったかのように痛みがなくなります。
このため、痛風患者の中にはこれで治ったと思ってしまう人もいます。

 

しかし痛みが治まっても、決して症状が治癒したわけではありません。
だいたい半年から1年サイクルで、痛みが襲ってくるはずです。
そして、徐々に痛風発作の起きるサイクルも狭まってきます。
また、最初は足の親指だけだったのが、ほかの関節も腫れだしていきます。
最悪腎臓に症状が広がって、
尿毒症という深刻な症状に発展する可能性もあるのです。

 

なぜこのような痛風が起きるかというと、
尿酸値が異常に高くなっていることが原因です。
私たちの体内では、プリン体を分解するという作業を行っています。
このプリン体を分解するときの副産物として出てくるのが、尿酸です。
尿酸はいわゆる老廃物の一種なので、通常は尿や便として排出されます。

 

しかし何らかの理由で尿酸をうまく排出できないとか、
尿酸が過剰に産生してしまうと、尿酸が過剰に体内に溜まってしまうのです。
生活習慣の乱れとか、ストレスの関係していることが多いです。
尿酸が過剰に体内に溜まると普段は血液の中に溶けているものが、
結晶化してしまいます。
この結晶化した尿酸が関節に沈着して炎症を引き起こし、
先ほど紹介した激痛の伴う痛風発作の原因となるわけです。

 

血液検査の項目の中に尿酸値があるはずなので、
今度血液検査を受けたときにチェックしてみてください。
もし尿酸値が7.0r/dl以上になっているのであれば、
高尿酸血症で痛風の予備軍に入っていると思うべきです。
今は発作が起きていなくても、早めの対策が必要です。
そこでおすすめなのが、クエン酸です。
クエン酸の配合されているサプリメントは、
ドラッグストアなどで手軽に入手できるはずです。
クエン酸には、尿酸の排出をスムーズにする効果が期待できます。

 

尿酸値の高い人の中には、尿が強酸性になっている人もしばしば見られます。
強酸性になっていると、通常尿酸は尿の中に溶けて排出されるのですが、
これがうまく排出できなくなってしまいます。
クエン酸には強酸性の尿を中和する働きがあって、
弱酸性の尿に変化する性質があります。
このため、尿酸が尿の中によりスムーズに溶けるようになって、
尿酸の排出を効率的に進めてくれます。

 

また、体が疲れていると疲労物質とも言われる乳酸が過剰に体内に溜まります。
この乳酸も、尿酸の排泄を邪魔する作用があります。
そしてクエン酸には尿酸を分解して、体に溜め込みにくくする作用があります。
クエン酸にはこのため、疲労回復効果も期待されているのです。
乳酸が尿酸の排泄を邪魔しなくなるので、
その意味でもスムーズに尿酸値を下げる効果があるわけです。

 

クエン酸の尿酸値低下効果は、すでに医療の世界でも認められています。
よって痛風患者には、尿酸値を下げる薬が処方されます。
この医薬品の中には、クエン酸の配合されている種類のものもあるほどです。
尿酸値が高いと診断された人は、生活習慣の見直しとクエン酸の摂取で、
早めの対策を講じることです。

 

 

▼↓↓徳用クエン酸DX粒で毎日の健康維持を徳用クエン酸DX (420粒)/あす楽対応/ギフト対応/ユウキ製薬...