〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風と尿路結石の関係
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作は、痛いです。

 

足に釘を打ち込まれたような痛み、とか、
木槌で足を砕かれたような痛み、などと表現する人もいるくらいです。

 

たしかに、経験のない人には理解不可能なくらい、激烈な痛みですね。

 

ところが、
痛風発作より、もっと痛いと言われているのが「尿路結石」。

痛風 尿路結石

 

 

痛風と尿路結石は、いっけん、全然関係ないようですが、
痛風の人は「尿路結石」になるリスクが高いです。

 

痛風発作といえば、足が痛くなるのが定番ですが、
尿路結石というのは、わき腹や背中が痛み出します。

 

それも、ある日、突然。
その尿路結石の痛みたるもの、あまりにも強烈すぎて
七転八倒、のたうちまわり、痛みが強すぎて気を失いそうになり、
即、救急車を呼ぶ・・というほどだそうです。

 

 

おおげさ?

 

いえいえ、ホントにそれくらい痛いのが「尿路結石」です。

 

あと、血尿が出たりね。

 

 

なんで、こんなことになるのか。
どうして、尿路結石なんかに、なったりするのか。

 

尿路結石の名前の通り、
尿路、つまり、尿が排せつされる通り道に石ができてしまう。
石が尿の通り道を塞いでしまう、という症状です。

 

この、石というのは何かというと、
石ができる原因の大半は、シュウ酸カルシウム結石なんです。

 

ところがね。
痛風の人の場合は、できる石が
シュウ酸カルシウム結石のケースばかりじゃなくて、
「尿酸結石」の場合もある、ということです。

 

尿酸結石というのは、尿酸が結晶化して
尿酸結晶となるのですが、その尿酸結晶が固まって結石になってしまう、
ということ。

 

尿酸値が高いと、こういう尿酸結石ができてしまう、
すなわち、尿路結石になる、というリスクも増えてしまうわけです。
怖いですね。

 

 

で・・
結石ができる原因である、シュウ酸カルシウム結石にしろ、
尿酸結石にしろ、そもそも、なんで、こんな石ができるのか、
というと。

 

 

「尿が酸性に傾くと、結石ができやすい」のです。

 

いわゆる、酸性尿というやつですね。

 

 

これは食生活の影響も大きく、
肉や魚ばかり食べていると尿が酸性に傾きやすく、
野菜や海藻を多く食べているとアルカリ性に傾きやすい、
という傾向があります。

 

だから、肉や魚を食べるのを少なくして、
野菜と海藻を多く食べればいいわけですね。

 

 

さあ、今日から!

 

肉と魚は、ちょっぴりにして、
野菜と海藻を、どっさり食べましょう!

 

 

 

痛風 野菜

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

そんなことが簡単にできるのでしたら、
痛風になる人は、もっと減っていると思います。

 

1カ月や2ヶ月程度なら頑張れても、
何十年も続けられるか、どうか。

 

 

そこで、クエン酸を飲みましょう、という話です。
少しでも何か対策をたてて、やってみましょう、と。

 

クエン酸は、尿をアルカリ性に傾けてくれる性質がありますから。

 

尿酸はアルカリ性の尿に溶けやすく、酸性の尿に溶けにくい性質が
あるので、クエン酸を飲むことで、尿に溶けた尿酸の排出が
期待できます。

 

ただでさえ、水に溶けにくい性質がある尿酸ですからね。
少しでも多く、尿酸を尿に溶かしてから排せつしたいです。

 

1日に体外に排泄される尿量に限度がある以上、
できるだけ、効率よく、尿酸がよく溶けた尿を排せつしたいですから。

 

 

 

 

水を飲めば痛風は治るのか

 

 

 

 

でね。
じやあ、クエン酸をたっぷり飲めばいいのね、飲みまくればいいのね、
と思うかもしれませんが、それはちょっと待ってください。

 

尿をアルカリ性に傾けるのは、痛風にとっても
尿路結石予防にとっても良いことなのですが、あまりにも
アルカリ性に傾けてしまうと、今度は違う種類の結石ができてしまう
可能性もあるのですよ。

 

度を過ぎるのは、だめよ、ということ。

 

クエン酸が痛風に良いからといって、大量に飲みまくるのはダメ、
ということです。

 

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し、ということで。

 

 

 

▼↓↓クエン酸カリウム540mg(カリウム5meq)100錠 1箱