痛風はかつて「帝王病」と呼ばれていた時代がありました。
アレキサンダー大王やミケランジェロ、ダーウィンなど
歴史上の有名な人物が苦しめられていたことから、
贅沢な生活をしていると発症すると信じられていたのです。

 

実際にはそのような事実はもちろんありません。
痛風は血液中の過剰な尿酸が結晶化し、
関節に溜まることで起こる生活習慣病です。

痛風の原因である尿酸を作りだすのはプリン体という物質です。
特にビールや肉類、レバーなどに多く含まれます。

 

ビールや発泡酒のCMで「プリン体フリー」などと宣伝されているので、
耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

しかし、実はプリン体はDNAの合成に不可欠な物質。
人体内に存在するものはすべて何らかの役割を持っています。
むやみに排除すればよいということを念頭に置いてください。

 

問題は「多すぎる」こと。

 

プリン体で言えば含有量の高いものを長期間に亘って摂取し続ければ、
それだけ尿酸が過剰になりやすくなるのです。
高尿酸血症は放置しておくと痛風以外にも
尿管結石や腎障害、動脈硬化などの合併症を引き起こすこともあるので、
生活習慣の改善とともに早めに治療しましょう。

 

また、痛風患者の95%以上は男性です。
これはもともと体質的に男性の方が尿酸値が高くなりやすいことに加え、
女性ホルモンに腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがあるためです。

 

尿酸の正常値は7.0mg/dlを上限としていますが、
痛風の発作が起きるまでには
この値を超えた状態が数年間かかると言われています。

 

つまり、その間に改善の余地はあるということ。
ボーダーラインにある人も、もう高尿酸血症になっているという人も
あきらめずにトライしてみましょう。

 

プリン体の摂取を制限することはもちろんですが、
尿酸の排出を促すために水分を意識して多めに摂るようにしたり、
適度な運動なども心がけてください。

 

クエン酸は尿を弱アルカリ化する働きがあるので、
併せて摂取するとより効果が期待できるでしょう。

 

目安は1日2〜5gくらい。
標準的なサイズのミカン1個に含まれるクエン酸の量が約1gなので、
参考にしてみてください。

 

クエン酸のよい点は、過剰摂取したからといって副作用がないこと。

 

とはいえ人によっては腹痛などが起こる可能性もあるので、少量ずつ、
1日数回に分けて摂るとよいでしょう。
食後のデザートを柑橘系のフルーツにする、
お弁当のごはんやおにぎりに梅干しを添えるなど、
手軽に摂取するための工夫もしてみてください。

 

フルーツが体によいと言われるのはビタミンが豊富なだけでなく、
クエン酸も摂取できるからです。
果糖に注意した上で毎日食べるようにするとよいでしょう。




▼↓↓クエン酸カリウム1080mg(カリウム10meq)100錠 1箱