風にあたっても痛いと書くのが痛風です。

その名前に偽りはなく、実際に発症すると
今まで経験したことのない激痛を足の指などに感じます。
あまりの痛みで、身動きが取れなくなるという人もいます。

 

病院で痛風と診断されると、まず治療が行われます。
痛風は高尿酸血症の人に多く見られる症状なので、
尿酸を下げる薬や痛風の症状を緩和する薬による治療が実施されます。

 

その他には、生活習慣の改善も行っていきます。
痛風は贅沢病とも言われていて、偏った食事などの生活習慣の乱れによって
引き起こされることが多いです。
そこで生活習慣を見直すことで、痛風の再発を防いできます。

 

痛風では食事療法も実践されます。
食事療法の主な目的は、
プリン体を過剰に摂取しないようにすることにつきます。
先ほど高尿酸血症といって、
尿酸が血中に多く含まれると発症しやすくなると紹介しました。

 

この尿酸を増やしてしまう要因の中の一つに、プリン体があります。
プリン体が体内に入ると分解されるのですが、
その中で生み出されるのが尿酸なのです。

 

プリン体は魚卵系やレバー、ビールなどに多く含まれている成分です。
ただし、プリン体ゼロの食生活を続ける必要はありません。
尿酸が体内にできると、そのままになるわけではないからです。
尿酸や尿、もしくは便によって排出されます。

 

このため、多少プリン体を摂取しても
尿や便によって体外に排出されるので、問題は ないわけです。
過剰にプリン体を摂取しないような食生活を心がけることです。

 

さらに痛風対策として、いろいろな方法が紹介されています。
その中でも注目されている方法として、クエン酸を使った対策があります。

 

レモンや梅干を食べたときに、酸っぱいと感じませんか?

 

あの酸味を構成しているのが、クエン酸という成分なのです。
クエン酸というので酸性の成分のような感じがします。

 

しかし面白いことにクエン酸は体内に入ると分解される過程の中で、
アルカリ性に変化するのです。

 

つまり、酸性の所にクエン酸を入れてやると中和作用が働くわけです。
このクエン酸は、洗浄剤として使用されることがあります。
排水口のぬめりを除去するとか、電気ポットの洗浄剤として利用されます。
これらも、先ほど紹介した酸性を中和することによって可能にしています。

 

痛風患者の尿は、強酸性の状態にある傾向が見られます。
強酸性の状態の尿には、尿酸がなかなか溶け込みにくいのです。
このため、いくら水分を一杯摂取して尿の量を増やしても、
思っているほどに尿酸は排出されていない可能性が高いわけです。

 

そこで今日、尿酸から弱尿酸にして、
尿酸が溶けだしやすい尿を作り出すことが、痛風治療では求められています。

 

実際に、痛風患者の治療薬としてウラリットという薬が使われています。
このウラリットには、
クエン酸カルシウムとクエン酸ナトリウムという成分が含まれていて、
強い酸性の尿を中和して弱酸性尿にする働きがあります。

 

つまり日頃からクエン酸を摂取して、弱酸性尿に変えていけば、
尿酸の排出もスムーズになって、高尿酸血症の症状緩和が期待できます。
その結果、痛風の発作リスクも低減できるわけです。

 

クエン酸は先ほども紹介したように、レモンや梅干のような
私たちが常日頃口にしている食べ物の中に含まれている成分です。

 

よって、摂取することで何らかの副作用が起きることは、
まず心配する必要はありません。

 

ただし、毎日レモンや梅干を食べ続けるのは
さすがに厳しいという人もいるでしょう。

 

そこでドラッグストアなどに行くと、
クエン酸の配合されているスポーツドリンクやサプリが販売されています。
このようなクエン酸配合のドリンクやサプリメントを毎日摂取するのは、
それほど苦ではないはずです。
特にサプリであれば、水があれば
どこでも摂取できるので毎日続けられるのではありませんか?